平成8年から13年まで5年間に鼻アレルギー症状にて受診しかつCAP-RASTで下記の5種を検査し少なくとも1種がクラス1以上の者1379例を集計した。このデータはかみいそ耳鼻咽喉科アレルギークリニックでのもので未発表のものです。やっと集計が出来ました。引用は自由にどうぞ。
RASTクラス2以上の抗原別感作率
道南特に上磯、大野、木古内、知内、福島、松前、森、にはかなりのスギの木が生育しております。RASTクラス1および2以上の感作率はそれぞれ23.7%18.4%と従来の発表結果よりは高い。早ければ3月初旬にアレルギー症状を訴え受診します。スギ花粉飛散量は本州に比べ少なく重症な人は少ない。総IgE値では439例32%で高値を示した。

ホームへ戻る